銀行からお金を借りる~債務整理で借金から解放されるには~

長く続く不況により、大きな借金を抱え、どうにもならなくなってしまう人も多くいます。 借りたものは返すのが当然なのですが、どうしても無理な場合、債務整理によって救済されるという道が残っています。 債務整理とは、任意整理や民事再生、自己破産の手続きを取ることで、債務を取り消したり減らしたりすることができるのです。 任意整理とは、裁判所を通すことなく行えます。 借金の返済が難しい債務者の依頼を受けた弁護士や司法書士が貸金業者と交渉し、金利を減額するなどして、原則3年以内に無理なく返済できるようにすることを言います。 自己破産と違い、あくまでも通常の借金返済と同じ扱いになるので、残った自分の財産を守ることができます。 ちなみに、これを行うには安定した収入があることが条件となります。 民事再生とは、任意整理では追いつかない程借金が膨らんだ場合に利用されます。 裁判所へ申し立てを行い、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1にまでカットしてもらえます。 ギャンブルなどで作った借金であっても、裁判所に認められれば手続きが可能です。 自己破産は、債務者の返済が完全に不可能となった場合に、ギャンブルなど浪費による借金でないことを条件に債務を免除するというものです。 裁判所に申し立てを行い、所有する財産をすべて換価して債権者に支払い、のこりの借金は免除してもらうのです。 借金はなくなりますが、同時にあらゆる財産も失うことになるので、債務整理の最終手段とされています。